最初に思い出してもらえるブランドづくりを支援します
認知は高いはずなのに思うように売れない​​​​​​​
熾烈な価格競争で利益率が低下している
販売チャネルを広げたい
顧客との中長期的なコミュニケーションを設計し、早期集合内の優里ポジションを目指します。(思い出してもらえるポジションを目指す)
世にあるモノやコトでの競争も確実に

You may also like

Back to Top